事業案内

商品用途

自動車

自動車用鋼管は、その使用部分に求める性質や特長によって、適する材質が異なります。一般的には、鋼管の中が空洞で筒状になっている特長を活かし、車体の重量を軽量化する目的で使用されています。できるだけ軽量化するために、鋼管の薄肉化を図りますが、薄くすることで強度が低下すると安全性に影響を及ぼすため、重要保安部品については、強度が高い材質の鋼管が使用されることが多くなっています。
最近では、水圧を利用して鋼管を膨らませる加工法で作られたハイドロフォーム鋼管の使用が増えてきています。また、排気系には、耐腐食性や耐高温酸化性に優れた溶接ステンレス鋼管も、よく使用されています。

住商鋼管では、特殊な設備を多数揃え、強度が高い材質で、品質基準も厳しいアクスルチューブ、プロペラシャフト、ステアリングシャフトなどを加工し、自動車関連各社に納入しています。

配管用

  • SUS (配管用ステンレス鋼管)

アルミ関係

  • アルミ板
  • アルミ大板
  • アルミ小板定尺品
  • アルミ形押材
  • アルミ軽合金大板
  • アルミ合金厚板
  • アルミ合金丸棒
  • 合金縞板

焼結

  • 多段成形技術
  • 焼結接合技術
  • パラコイドオイルポンプローター
  • スミアルタフ
  • その他焼結製品

その他

  • NAR (耐腐食ステンレス鋼管)
  • チタン管